税金の相談は、税務署にするのが一番? 

 
  税理士は公正中立に顧客の相談にのります
 税務署の敷居は高い、税務署に入ると心臓があおる、と言う人が昔はいたそうです。今ではもちろんそんなことはないと思います。 税務署は気軽に相談ができるところです。官庁の中では、応接度は上位ということです。そしてもちろん無料です。多いに利用しましょう。     
 しかし税務署も官庁ですから、相談できる時間も、人も限られてきます。「私のお抱え」というわけにはいきません。 どうしても税務署は、苦手という人もいるでしょう。
 そこで、税理士の活躍する場がでてきます。相談の回答はもちろん適正な課税を求めるもので、税務署の回答と本来変わるも ではありません。そこに至るプロセスでは、親切・丁寧・安心さを相談者に受け取ってもらえると思います。 

      

 税金の相談は、どのようなことも税理士に 


   このようなことをおこなっています
 事業を始めれば、税金は「ズーッ」とついてきます。
 事業者の方の会計事務は、 毎年の税法改正もあって、税金とは切っても切れません。パソコン会計などで日々の記帳は会社でしていても、税理士 へ依頼する事はたくさんあります。
 自社で処理できない場合は、アウトソーシングで外部に委託しなくてなりません。 税理士事務所から提供される、経理・経営情報を、有効に活用すべきでしょう。
                            
 相続が発生した場合、相続税がでる人が申告する必要があるのはもちろんですが、税金がでなくても申告する 必要があることもあります。相続財産は、評価が大変重要です。評価に精通した税理士に依頼するのとしないのでは、 大差が生ずることが往々にしてあります。1億円の5%は、500万円、税率20%で100万円の違いです。
  円満な相続分割のためにも、相続財産の把握が必要でしょう。相続税の節税も大変気になるところですが、 争続となっては、税法上の特典も利用できません。
 自分の財産は、自分で処分するつもりで、生前から考えておくことが、これからは必要です。

 土地を動かしたい、家を造ったが資金は貰った、など税金に関することはたくさんあります。

   税金で相談したい事は、当事務所にておたずねください。




 こでまり