石川誠税理士事務所−通信15年1月


  中小企業家同友会に加入しました!  14年11月

 「中小企業家同友会」とはなんですか、と聞かれそうです。平たくいえば、各地の中小企業家たちが異業種のつながりの中、勉強会や実践で、自社の経営体質を改善し、経営を守っていこうという活動を行っています。まだ加入して日が浅いものですから、解らないところばかりです。最初に「経営指針」を作ることからはじめましたが、事務所のあり方をもう一度原点に返って見つめ直すよい機会だと思っています。



事務所前の道路は相変わらず渋滞しています。近年中に拡幅される予定で多くの家が後退、移転しました。当事務所の隣の工場も約3週間かけて解体、撤去されました。連日激しい振動と騒音が続きましたが、事務所(3階)から見ていると 大きなパワーショベルを器用に操りながら実に上手に鉄関係、木材関係、コンクリートガラと分別しながら解体していきます。まさしく職人技です。約2反歩程の市街地が更地になっていく様子を見ながら、拡幅に伴う部分はごく一部だが、補償金はどの位だろうか?収用の5000万円は越えるだろうが、越えた分の課税はどう処理するか?営業補償はどの位だろうか?今年春からリサイクル法が改正され、解体もそれに合わせ費用がかかるようになりました。昔のように何でも一緒に壊すことが出来ない分費用もそれなりにかかるので関連業者にとってはビジネスチャンスとなるのだろうか?などと、考えてしまいました。
 さて、跡地は何になるのでしょうか?おかげで我が事務所は遠方からよく見えるようになりました。


 我が家の庭に今年になって初めてレモンがたくさん なりました。植えつけてから4・5年たちます。