今年(2015年)から変わった事項

 
  遺産の基礎控除の引き下げ
     
    3000万円+600万円×法定相続人の数


  小規模宅地等の適用限度面積の拡大

    ・ 一定の条件の下で、被相続人の事業または自宅の敷地の評価額
     を8割減にできる制度です
    ・ 居住用宅地のみの場合 330平方メートルまで 減額割合8割
    ・ 事業用宅地のみの場合 400平方メートルまで 減額割合8割
    ・ 居住用と事業用の両方の場合は 合計730平方メートルまで

   相続税率の見直し(追加)

    ・ 2億円超から3億円以下の場合  45%
    ・ 6億円超超           55%
 
   未成年者 障害者の場合 (引き上げ)

    ・ 相続人が未成年者の場合 20歳までの1年につき 
        10万円
    ・