成年後見支援

  
親が認知症になってしまった。ちまたの悪徳商法に騙されないか心配だ。 知的障害のある親族の財産を適正に管理してあげたい。私自身、自分の判断能力が低下してきたように思う。子等のためにも資産管理をしっかり考えておきたい。このような時に、すなわち認知症の方や知的障害のある方など判断能力の不十分な方々を保護するための制度が成年後見制度です。 例えば、判断能力が不十分な方を、悪徳商法により不当な契約をさせられることから保護したり、財産を親族などにより勝手に処分されることから保護したりすることができます。 成年後見制度には、法定後見制度と任意後見制度があります。 さらに法定後見では、判断能力の程度によって、後見人・保佐人・補助人が選出されます。

  高齢者・障害者が生涯その人らしい生活が出来るよう支援する
  「権利擁護のセイフティネット」に参加します。
       


  成年後見制度とその誠実な運用の為、専門職・関係機関等との
  連携し社会貢献を目指します



  成年後見制度に関するQ&A   
       1.後見
       2.補佐・補助
       3.任意後見  


  当事務所はそのお手伝いと提案をします。ご相談ください。

    

   さとうきび