配偶者の税額軽減額

   被相続人の配偶者が相続または遺贈によって財産を取得した場合に適用
  されます。
   だだし、いわゆる内縁関係は含まれません。
   その配偶者が相続放棄した場合であっても遺贈による取得には適用される。

  
  税額軽減の限度額
   @ 配偶者の相続税額
   A 税額軽減の基礎となる税額
      
      (1) 1億6000万円 

      (2) 相続税の課税価格の合計額 × 配偶者の法定相続分 
      
     A  
              (1)と(2)のいずれか多い金額=(3)
     相続税の総額 × −−−−−−−−−−−−−−−−−− 
               相続税の課税価額の合計額
    B
               配偶者の相続税の課税価額相当額
     相続税の総額 × −−−−−−−−−−−−−−−−−−
               相続税の課税価額の合計額


    ABいずれか少ない金額が税額軽減の基礎となる税額です。

 

豊橋の石川誠税理士事務所−相続サポート

haigusya.htmlへのリンク