7.財産を分ける


   遺産の分割 
遺産は相続人の共有物です    
財産を共同相続人の間で分配することを遺産の分割と言います  


@遺言書による指定が最優先
                    指定分割  


A共同相続人間で分割協議−基本となるのは法定相続分
                   協議分割  


*相続人の合意による任意の割合による分割も可能  


B分割協議不成立−調停の申し立てを行う
                    調停分割  


*相続税の申告書作成は分割協議のあとで行う   


(1)法定相続分
                      別表 相続人


(2)指定相続分   
   被相続人が遺言にて思いどおりに決める相続分です。
  法定相続分より優先します 。  


(3)遺留分減殺請求権     

  残された家族にとっての、生活権や期待権の保障が遺留分
 

  遺留分減殺請求は1年内に行わないと時効になる


 *遺贈  受遺者には相続人であるときも、相続人ではな
  いときもあります。


 *財産の分割は現物分割が基本です。換価分割・代償分割と
  いう方法もあります    


 *遺留分−減殺請求、遺留分の放棄(相続開始前も可)  


 *法定相続分どおりの相続登記は可能   


(4) 特別受益  相続人に生前に先渡しされた相続分  


(5) 特別寄与者  相続人が特に寄与した分